読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

orangain flavor

じっくりコトコト煮込んだみかん2。知らないことを知りたい。

プロフェッショナルのための実践Heroku入門 の紹介

以前公開した、 The Twelve-Factor App日本語訳が書籍に収録されるということで、一冊頂けました。ありがとうございます。せっかくなので簡単に紹介します。

f:id:mi_kattun:20140917204846j:plain

Herokuの哲学

私が初めてHerokuを触ったとき*1に感動したのはそのオープンさです。Heroku独自の仕様は少なく、Git, Procfile, Buildpackなどのオープンな仕様に加え、各言語のデファクトスタンダードな方法(Pythonであればpipとrequirements.txt)で依存関係を管理すれば良いことにとても好感を抱きました。

そんなHerokuを支える哲学として気に入った部分を2つ書籍から引用します。

Herokuはアプリケーション開発者の生産性を最大化することに常に焦点を当てています。世界を変える新しいアイデアをソフトウェアという形で世に送り出し、実際に世界を変えていくことを可能にするために、アプリケーション開発者自身がその創造力、時間、コストを本当に価値のある活動だけに100%集中できるようなプラットフォームでありたいと願っています。
Herokuは、アプリケーション開発者にとって、生産性が高い開発環境とは、彼らの手に馴染んだツールや経験値を生かすことができる環境―すなわち各アプリケーション開発者が自分たちの手元に構築している自分のための開発環境―こそがアプリケーション開発者の生産性を最大化させるのだと判断しました。

プロフェッショナル向けのガイド

もちろん本書は哲学だけでなく、実践的な書籍です。

最初の一歩であるHerokuアカウントの作成から、Dynoの冗長化・カスタムドメインSSL・データベース運用などの本番環境での利用までを丁寧に解説しているため、これから本格的に触ってみるという人にはオススメです。

また、デプロイ時のSlugコンパイラの動作やDynoの動作環境など、Herokuの具体的なアーキテクチャについては知らなかったため、勉強になりました。

最初に書いたとおり、The Twelve-Factor Appの日本語訳も掲載されています。これはHeroku上で強制されるある種の制約が、スケーラビリティやポータビリティを生み出す方法論であることを言語化して教えてくれる文書です。

目次

最後に目次を載せておきます。 

はじめに
Herokuの哲学
プロフェッショナルなアプリケーション開発者
Herokuの歴史
本書の構成

第1章 Herokuの概要
1.1 本章の内容
1.2 Herokuとは
1.3 さまざまな種類のクラウドサービス
1.4 Herokuの特徴

第2章 Herokuの利用準備
2.1 本章の内容
2.2 Heroku利用準備
2.3 アプリケーションの作成からデプロイまで
2.4 Ruby開発環境の構築
2.5 Node.js開発環境の構築
2.6 Scala開発環境の構築
2.7 Java開発環境の構築

第3章 アプリケーション開発のポイント
3.1 本章の内容
3.2 データベースの選定
3.3 外部ストレージ
3.4 レスポンス時間制限
3.5 Slug制限
3.6 IPアドレス制限
3.7 Procfile
3.8 Foremanによるローカル環境デプロイ
3.9 ステージング環境構築
3.10 ステージング環境のBasic認証設定

第4章 アドオンによる機能追加
4.1 本章の内容
4.2 アドオンとは
4.3 アドオンの基本操作
4.4 代表的なアドオンの紹介

第5章 本番環境への移行
5.1 本章の内容
5.2 Production Check
5.3 Cederスタックの利用
5.4 Dynoの冗長化
5.5 プロダクションレベルのデータベースの利用
5.6 カスタムドメインの利用
5.7 SSLの導入
5.8 カスタムエラーページの設置

第6章 Heroku Postgres
6.1 本章の内容
6.2 Heroku Postgresのサービス
6.3 基本機能
6.4 Heroku Postgresの拡張機能

第7章 トラブルシューティング
7.1 本章の内容
7.2 Herokuのオフィシャルサポート
7.3 よくあるトラブル
7.4 Herokuのエラーコード

第8章 Herokuのアーキテクチャ
8.1 本章の内容
8.2 Herokuの仕組み

第9章 The Twelve Factor App
9.1 はじめに
9.2 背景
9.3 このドキュメントの対象者
9.4 The Twelve Factors

*1:私が触ったときには既にCederスタックでした。Herokuの歴史も書かれてて興味深いです。